岩船港までのアクセス(東京から)
タイトルバック
上越新幹線
粟島に行こう
アクセスと宿泊
鳥のリスト
鳥見スポット
粟島あれこれ
鳥見情報
アルバム
村上
新潟
関越道
関越道
バス 20分
60.7km 約50分
羽越本線・特急
333.9km 約2時間
岩船港
岩船上大町
タクシー 15分
徒歩 10分

※出港時刻まで余裕があるときは、 岩船港の南方にある「お幕場大池公園」をのぞきにいく手があります。小さな池ですが晩秋から晩春にかけてコハクチョウ、オオハクチョウ、カモ類が見られます。奥の林に行くと、5月初めならオオルリ、キビタキ、コルリなどの渡り途中の鳥のさえずりが聞こえます。これから渡る粟島の鳥見の予行演習ができます。

東京
岩船港
長岡JCT
藤岡JCT
練馬IC
新潟中央JCT
神林岩船IC
県道沿いの屋並み
観光案内所のある振興センター
村立資料館
内浦キャンプ場
国道345号
高速船「awaline きらら」

総トン数/185t
速  力/42.6km/h
定  員/170名
所要時間/55分
普通船フェリー「あわしま」

総トン数/626t
速  力/27.8km/h
定  員/487名
所要時間/1時間30分
※荒川胎内IC以北は無料区間
日本海東北道
北陸道
鉄道利用の場合
車利用の場合
岩船港から粟島へ
●岩船港からは、粟島汽船の船に乗って粟島に向かいます。高速双胴船「きらら」なら55分、普通船フェリー「あわしま」なら1時間30〜45分の航程です。
●運行状況は年によって変わります。詳しくは粟島汽船のHPで確認してください。
●運賃は、高速船3,790円、普通船 1等2,820円、2等1,880円(片道・平成29年度の運賃表より)となっています。(乗船券は出航20〜30分前から発売)
●島民以外の車の持ち込みはできません。岩船港の広い無料駐車場が利用できます。
※船上からの鳥見をするなら足の速い高速船よりも普通船のほうがいいでしょう。5月初めなら、航路半ばあたりでオオミズナギドリが出迎えてくれるでしょう。
粟島での宿泊(平成29年度)
※高速船はフェリーより出航時刻が早く、所要時間も短いので、粟島での滞在時間が2時間ほど長くとれます。
●東海岸の「内浦」地区に2軒の旅館と17軒の民宿、西海岸の「釜谷」地区に14軒の民宿があります。
●1泊2食の基本料金は、民宿が税込み・サービス料別で7,020円から、旅館は税・サービス料込みで8,500円からとなっています。
粟島観光協会のHPに施設名や電話番号等の宿泊施設の詳細がありますので、お確かめください。
●ほかに、キャンプ場(貸しテント受付は資料館)やバンガロー(受付は観光協会)もあります。
鳥好きの部屋に戻る